スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
「愛のヴィクトリアン・ジュエリー展」
2010 / 01 / 17 ( Sun )
『パリ・オペラ座のすべて』を観にいったことを書いたとき

次は『ヴィクトリア女王 世紀の愛』と
「愛のヴィクトリアン・ジュエリー展」を
観にいくと書きました。

やっと先日行ってきました♪

「愛のヴィクトリアン・ジュエリー展」は,
Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中です。

「愛のヴィクトリアン・ジュエリー展」

繊細な金細工,色とりどりのカラージュエリー,
シードパールにエナメル・銀細工・・・
成金趣味にならないところが素敵・・・
とっても優美で素晴らしかった!!
カメオはあまり興味ないんだけど,アメジストのカメオはすごくステキでした!!

ヴィクトリア女王が25年も夫の喪に服し,黒いドレスを着続けたため,
黒いドレスに合わせ,ジェットなどを使った黒い装飾品もありました。

また当時のクリーム色のドレスも。
当時,結婚式の時には濃い色のドレスが普通でしたが,
ヴィクトリア女王はクリーム色のドレスを着ました。
それが流行し,今の「ウェディングドレスは白」になったそうです。

ヴィクトリア女王・・・影響力すごいですね!

宝飾品のほかに,ホニトンレースをはじめ,
アンティークのレースも多く展示されていました。
ドレスの襟飾りやショールに使われていました。

ヴィクトリア女王は自国産業の発展のため,
デボン州のホニトンレースをよく使っていたそうです。

ヴィクトリア女王の身につけるものは流行
→注文が入る→産業が発展する→民が潤う。

スキャンダルが多かった英国王室のなかで,
夫と仲睦まじく家庭的で善政をしく彼女とその一家は
国民の憧れとなり,流行を作り出しました。

彼女は自分のファッションリーダーとしての価値を
とってもよく理解していたんですね。

マリー・アントワネットは,そのへんはあまり考えてなかったですよね。
フランス産のレースよりも軽やかな外国産のレースを好んでいたみたいだし。

歴史にもしもはないけれど,
もし彼女がフランスのレースを好んで使っていたら,
ちょっとは彼女の最後も違っていたのかな?
なんてどうでもよいことを考えてみたり(笑)

絵画展も好きだけど,
こういう服飾やジュエリーを観るのはもっと好き!!

普段は買わない図録もつい買ってしまいました(>▽<)
愛のヴィクトリアン・ジュエリー展  図録

展示されていたジュエリーの大半は

穐葉アンティークジュウリー美術館所蔵でした。

那須じゃないですか!
意外と近くにあったのね♪
今度,穐葉アンティークジュウリー美術館にも行ってみようかな♪
21 : 06 : 21 | 英国がすき | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<『ヴィクトリア女王 世紀の愛』 | ホーム | ブログパーツを追しました>>
コメント
--行きましたよ♪--

穐葉アンティークジュウリー美術館、行きました。
ジュエリーって、見てるだけでも幸せになれて、ステキですよね。

さらに、身に着けると、しゃきっってするし、自分がランクアップした気分になります。

最近、そこまでドレスアップする機会がないないな・・・
by: pu_nyon * 2010/01/17 22:54 * URL [ 編集] | page top↑
--pu_nyonさんへ--

いったことあるんですね!いいなぁ!

那須には何度も行っているのに,穐葉アンティークジュウリー美術館には行ったことないんですよね~(-_-)
HPみたら,お庭もステキな感じだし,今度機会があったら是非行ってみたいと思います。

その場や気分に合わせてジュエリーを着けるっていいですよね!

ドレスアップしたpu_nyonさんをみてみたいです♪
by: kaori * 2010/01/18 00:18 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yuruyurubiyori.blog33.fc2.com/tb.php/429-ba1df7f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。