スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
マンガが好きなんです
2009 / 08 / 29 ( Sat )
マンガに限らず,小説やエッセイも好きなんですが。

深くのめりこんではいかないのですが,
とにかく読むのが好き。

今回はお気に入りのコミックを書いてみようかと・・・


【チェーザレ -破壊の創造者-】
(KCデラックス)
(1~7巻。以下続刊)



チェーザレ・ボルジアという名前を聞いたことがあるでしょうか?
中世イタリアに実在した人物です。
もともと世界史(西洋史)好きなところに,
中学だったか高校だったか忘れましたが,
塩野 七生 さんの
チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷 (新潮文庫)
を読んで,すごく興味をもちまして・・・
マキャヴェッリの「君主論」のモデルでもあります。

こちらの本は,とってもとっても丁寧に書かれています。
人物も風景・建物もとても描写がすばらしいです。
解釈もおもしろいです。
最近7巻がでましたが,それを読んで,
「カノッサの屈辱」をこう解釈するの!?と驚きました。
進みはゆっくりですが(クオリティを考えれば当然)
歴史好きな人にもそうでない人にもおススメですっ!

【深夜食堂】
(ビッグコミックススペシャル)
(1~4巻。以下続刊)



営業時間は深夜0時から朝の7時頃まで,
メニューは 豚汁定食,ビール(大),酒(二合),焼酎(一杯)
これだけ。
「あとは勝手に注文してくれりゃぁ,できるもんなら作るよ」
そんなマスターと様々な深夜の客とのやりとりが
淡々と描かれています。
「泣ける~!」っていうのではないのですが,
なんとなく何度も読み返してしまいます。

なんでも今度ドラマ化するとか・・・
マンガのドラマ化って,どうしてもイメージ崩れるので
好きではない(というかキライに近い)のですが,
主役が小林薫さんならいいかな~と。
変にいじらず,原作の雰囲気がいかされたドラマになるといいな。
ちょっと期待しています。

【とめはねっ!  鈴里高校書道部
(ヤングサンデーコミックス)
(1~5巻。以下続刊)



書道がテーマのマンガです。
最近日舞とか百人一首とか和モノテーマの話に惹かれちゃいます。

大好きだった
帯をギュッとね! (少年サンデーコミックス)
の作者さんのマンガだから買ってみるか・・・と
何気に買ってみたのですが,
地味な「書道」(失礼。でも「地味」だけではなかった)で,
こんなにしっかり楽しいマンガになってしまうとは!
書道って奥深いものですね。
(小学校以来まともにやってないなぁ・・・)

こちらもドラマ化とか・・・NHKで。
どんなになるんですかねぇ・・・?


他にもいろいろあるのですが,
止まらなくなるのでこの辺で・・・

皆さんのおススメ本があったら是非教えてください。
19 : 14 : 50 | おきにいり | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<西島千博 バレエ・ストレッチ | ホーム | 銀座中条 豆乳おかき>>
コメント
----

お久しぶりです。らびでございます。
チェーザレは私もお気に入りの1冊です。
以前からヨーロッパの歴史に興味を持ち、革命関係の書物を好んで読んでいて、あるとき漫画にはまってしまいました。
カノッサの屈辱の解釈には私もほぇ~・・・と感心してしまいました。
コミック派なので新刊が出るのが待ち遠しいです。
by: らび * 2009/09/02 01:48 * URL [ 編集] | page top↑
--らびさんへ--

こんばんは,お久しぶりです^^

らびさんも「チェーザレ」読まれているんですね!
おもしろいですよね!!
私もコミックスでしか読んでいないので,新刊が出たばかりなのに,もう次の巻が待ち遠しくてしかたありません(笑)
by: kaori * 2009/09/02 22:27 * URL [ 編集] | page top↑
----

kaoriさん,こんばんは。
深夜食堂,気になります~。
コミック大好きなんです。

歴史的なものは難しそうですが・・・。
世界史だったのに,かなり苦手だったんです(涙)。
by: たるとぱい * 2009/09/06 00:47 * URL [ 編集] | page top↑
--たるとぱいさんへ--

深夜食堂,いいですよ~!
気楽に読めます。是非読んでみてください。
あ,機会があったらお貸ししても・・・(笑)

チェーザレはかなり丁寧にかかれているので,難しくはないと思います。
絵をみるだけでも価値あるとおもいます^^
by: kaori * 2009/09/09 00:11 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yuruyurubiyori.blog33.fc2.com/tb.php/347-f2509932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。